ハゲおやじの植毛効果検証サイト

植毛と育毛って違うの?とよく勘違いされる方がいらっしゃいます。植毛とはどんな治療方法なのかや植毛の最新技術の効果を詳しくご紹介いたします。抜け毛や薄毛でお悩みの方にとてもおすすめの治療方法ですのでぜひお試しください。

ハゲおやじの植毛効果検証サイト

植毛の最前線治療技術

植毛は、1930年代から薄毛の治療方法として行われるようになりました。
初めの頃は頭皮へのダメージが大きいことから、あまり行われるものではありませんでしたが、常に研究・開発されていることから、現代では植毛の技術は上がってきています。
一昔前までは、人工毛による植毛が行われていましたが、頭皮への負担が大きく、拒絶反応や炎症などか起こることがあるため、今では自毛による植毛が主流になっています。
自毛植毛は、自分の毛髪を後頭部や側頭部から頭皮ごと採取し、薄毛になっている部分に移植していく方法です。
自分の毛髪を使用することから、拒絶反応や炎症などを起こしにくく、定着しやすいメリットがあります。
毛根ごと移植するため、定着した後は、抜け落ちた後も毛髪が生えてくることから、普通の髪の毛と変わらない仕上がりになります。
しかし、頭皮を切り取った部分の傷跡が目立ってしまったり、施術によっては仕上がりに違和感が出ることもあります。
そこで最前線治療技術では、1本ずつ植え付ける施術が一般的になっていて、より自然な仕上がりになるよう進化しています。
傷跡も目立ちにくく、メスを使わないので、施術後の痛みもあまり感じないのが特徴になっています。
日帰りでの施術も可能なので、仕事が忙しい人でも気軽にできることも魅力でしょう。最前線治療技術での植毛は、医師による技術力の高さが必要になります。
カウンセリングや診察を丁寧に行い、植毛プランを明確に立ててくれる医師に治療してもらいましょう。
信頼できるクリニックでは、無料カウンセリングを行っていて、費用や施術内容などを丁寧に説明してくれるので、不安がある人はカウンセリングで相談してみるといいですね。

自毛植毛の病院と治療法

AGA治療の選択肢として、アメリカでは自毛植毛が主流と言ってよいほど普及しています。
一方日本では、 ミノキシジルなどの内服薬や育毛剤による治療が中心でしたが、近年になって植毛手術を受ける方も増加傾向にあります。
薬による治療は効果が現れにくい場合があり、女性には使用できないなどの欠点があるのに対して、自毛植毛ならば生涯にわたって確実な効果を期待できる点がメリットです。
しかし手術には必ずリスクが伴います。
手術の普及につれて多様な治療法が考案され、リスクも低下していますが、技術の未熟な病院を選ぶと後悔することになりかねません。
公式HPや口コミサイトで、料金はもちろん手術方法やアフターケアなどについても事前に調べ、失敗のない病院選びをしたいものです。
現在日本で採用されている植毛手術の方法は、大きく分けるとFUTとFUEになります。FUTはドナーとなる皮膚を切り取り、毛根を株分けして増えこむ方法です。
ドナー部分に一直線の傷跡が残りますが、傷の目立たない特殊な縫合法を採用しているクリニックもあります。
FUEは「切らない」手術と言われ、ドナーの毛根を直接くり抜いて植えこむ方法です。
縫った傷は残りませんが、穴ぼこ状の傷になる場合があります。
またドナー採取の際に毛根を傷つける可能性が高く、定着率が低いとも言われています、これらの欠点をカバーするため、ドナー採取にロボットを利用しているクリニックもあります。
病院によっては両方の手術に対応しており、植毛の本数や薄毛の状態によって選ぶことができます。
このほか一度に大量の植毛が可能かどうか、スタッフの応対はどうか、予約が取りやすいかどうかなども、病院選びの参考になるでしょう。

メスを使わない高密度植毛‎とは

植毛による薄毛治療は、常に研究されていることから、技術も進化しています。
一昔前までは人工毛による植毛が主流でしたが、人工毛は拒絶反応や炎症が起こりやすく、人体への負担が大きいことから、アメリカでは10年以上前に施術が禁止され、日本でも人工毛による植毛はあまり行われなくなっています。
現代では、自毛植毛が主流になり、自分の毛髪を後頭部や側頭部から採取し、移植する方法がとられています。
自分の毛髪を使うことで拒絶反応や炎症も起きにくく、移植したあとも自然と毛髪が生えてくるようになることがメリットになっています。
また、育毛や発毛による治療よりも短期間で治療できることや、メンテナンスなど余計な費用がかからないことも魅力でしょう。
自毛植毛も進化をしていて、メスを使わない高密度植毛が行われるようになっています。
メスを使用する採取法では、頭皮を広範囲で切り取るため、傷跡が目立ちやすかったり、移植した時にも不自然になりやすく、痛みがあることが問題点でした。
メスを使わない高密度植毛では、頭皮を切り取らずに専用の医療器具や機械を使って、1mm程度の小さい範囲で採取していくため、傷跡が目立ちにくく痛みが少ないのが特徴です。
高密度で移植を行えることから、自然な仕上がりになり、ヘアスタイルが自由に楽しめるようになります。
最新の施術方法のため、医師の技術力で仕上がりの満足度が変わってくることがあるため、植毛を行う時には、技術と知識にある医師を選ぶことが大切です。
クリニックを選ぶ際には、費用だけでなく、カウンセリングや診察を丁寧にしてくれるかも大事ですので、信頼できる医師かどうかをしっかりと見極めるようにしましょう。
■世界初の飲む育毛として各方面から注目を集めています
プロペシア